多重債務者の最終手段となり得る「おまとめローンとは」

 

消費者金融、銀行、親兄弟、友人や知人などからお金を借りることを「借金」といいますが、世の中の多くの人は何らかの形で借金をしています。ただ単に生活するお金がなくてお金を借りることはもちろんそうですが、必ずしも「お金がない」という理由でのみ借金をするわけではありません。お金がないわけではなくとも気づかないうちに借金をしていることもあります。たとえば、家や車を購入するときの住宅ローン、マイカーローンなどは「基本的に利用するもの」という認識されていますが、紛れもなく借金の一つです。また、スマートフォンや携帯電話を契約する際の分割契約も借金に含まれます。これらのような契約まで明確に借金であると認識して利用していればまだしも、借金であると認識せずに利用しているといつの間にか支払いができない状態に陥ってしまう可能性があります。通常、借金の額が膨れ上がらないようにしっかりとコントロールをする必要があり、なおかつ完済に向けて適切なプランコントロールをすることが必要です。これらをまったく行わずに借金を繰り返していると、いわゆる「多重債務」に陥るリスクが飛躍的に高まってしまいます。

多重債務に陥るリスクは、単純に返済が難しくなるということです。同額の借金であっても単一の借り入れ先と複数の借り入れ先の場合では、後者の方が負担は大きくなりやすいので破たんしやすくなってしまいます。返済できない状態に陥ってしまうと、以降は「遅延損害金」が返済金額に上乗せされていく形になってしまうため、あっという間に債務総額が増大してしまいます。このような状態になったとき、コツコツと返済をして債務を減少させていくことが非常に重要ですが、より効率よく負担を軽減する方法となり得る手段が「おまとめローン」です。(おまとめローンについて)おまとめローンとは、複数の債務を一本化してまとめてしまうことを目的とした商品であり、特例的な総量規制対象外になります。高額な契約がしやすくなることで利息が少なくなりやすく、結果的に返済の負担が減る可能性があります。

おまとめローンの比較条件と契約先

 

おまとめローンは銀行や消費者金融で契約することができますが、それぞれ特徴がありますので、契約前にどのようなローンが有利なのか比較しておくことが重要です。消費者金融のおまとめローンは総量規制の例外とされていますので、年収の3分の1以上の借り換えも可能です。ただし対象となるのは他の消費者金融などの借入のみで、クレジットカードのリボ払いや銀行のローンは借換え対象にすることができません。一方銀行のローンの場合はさまざまな借り入れをまとめることができます。おまとめローンを利用するメリットは、有利な条件での借り入れになり負担を減らすこと、返済日や金額をわかりやすくすることにあります。おまとめローンを利用した後にも借入先が複数存在しているようなケースでは、あまりメリットを享受することができないでしょう。そのため自分の借入先が借り換えることができる対象なのかどうか確認しておくことが重要です。

おまとめローンは契約額が大きくなりやすいため、その分金利も低くなる傾向にあります。ただし金融機関にとってはリスクの高い商品です。初めての申し込みではすべての借入をまとめることができない場合もあるでしょう。そのようなときは段階的に借換えを行い、最終的に1つにまとめるのが望ましい利用方法です。また、契約内容が変更になれば金利が下がることもあります。消費者金融のおまとめローンも総量規制の例外とはされていますが、それでもさまざまな制約があることを忘れてはなりません。契約しやすいという長所はありますが、長期的な付き合いをすることになりますので、少しでも条件のよい銀行系ローンでまとめると良いでしょう。また、銀行以外にも労働金庫や信用金庫でまとめることもできます。これらの金融機関は銀行とは違って非営利の金融機関です。住んでいる地域や働いている地域によって利用できる金庫が変わってきますが、場所が良ければ銀行系ローンよりも有利な条件で契約できるものがあるかもしれません。

おまとめローンと借金の相談先

 

借金が増えてしまうと利息の負担が大きくなってしまい、生活が苦しくなることもあります。特に家族と暮らしている人の場合は家族に迷惑をかけてしまうこともありますので、借金はできるだけ早く返済をするようにしましょう。できれば生活に影響が出るほどの借金になってしまったら、家族に隠さず相談をするべきです。自分だけの力でどうにかしたい場合も相談先はいくつもあります。例えば弁護士や司法書士。債務整理によって借金問題を解決することが可能です。ただし債務整理は信用に大きな傷をつけてしまうことになりますし、手続きの手段によっては財産を失うこともあります。債務整理は最終的な手段であり、手軽に利用すべきものではありません。ローンの契約が古く、過払い金が発生している場合は過払い金返還請求も効果的です。人によっては借金が全額なくなったり、お金が戻ってくることもあります。ただし手続きをしても借金が完済できないと、債務整理をしたという記録が信用情報に残ってしまいます。まだ自分の収入だけでどうにかできそうであれば、おまとめローンを利用して負担を減らすのも良いでしょう。

おまとめローンは低金利で提供されているものも多く、負担を減らすことができます。金利は低ければ低いほど良いのですが、その分毎月の返済額を減らしてはいけません。返済のスピードが落ちれば金利が下がっても長期返済によって利息負担の合計は増えてしまいます。おまとめローンの契約をして金融機関が代理で借入先の返済をしてくれるものと、自分で借りて自分で返済手続きをしなくてはいけないものがあります。後者の場合は借りたお金を決して返済以外に使わないようにしましょう。中には借りたお金を返済以外に使って、借金の合計を増やしてしまう人もいます。そうなれば負担が増えてしまいますし、完済までの道のりが遠のいてしまいます。また、利用目的以外のことに利用すれば契約違反として、借入額の全額を一括完済しなくてはならない場合もあります。契約するときはしっかりと契約内容を確認し、意志を強く持って行動することが大切です。

今度の給料日に借金を丸々返済するなど

 

予想外のお金が入り用になったという時に、とりわけ肝要なのが現金を入手するまでの時間だと考えます。ここでは短時間にキャッシュをゲットすることができる消費者金融をランキング順に並べてご披露しております。今のキャッシングサービスは迅速で、即日融資にも対応可能となっています。と言っても、即日お金を借りることが必要だと言うなら、「オンラインでの申し込み」など、複数の条件が設定されているので、申し込みの前にリサーチしておきましょう。どのカードローン業者が得なのか比較するという際に、押さえておいていただきたい点は「無利息期間は十分かどうか」、「即日キャッシングができるのかできないのか」、「収入証明書の用意がなくても申し込めるかどうか」の3点です。電話連絡による在籍確認が無理だという場合、審査を通過することができないことがあります。となればお金を借りるということも不可能になるので、何が何でも電話を受けられるようにしておくことが重要です。

キャッシングの申込方法はバリエーション豊富ですが、最も利用されているのがwebからの申し込みだと聞いています。申込の手続きから審査をクリアできたかどうかの確認、身分を証明するための書類の提出まで、一貫してネット上で実施します。原則としてどんな金融機関であっても、お金を借りるという折には審査が敢行されますし、その審査項目の1つとして本人確認の為の在籍確認は必ずあると思っていてください。カードローンの審査をパスできない理由として、第一に考えられるのが昔の未納履歴です。借金の件数が多くても、堅実に返済を履行しているという人は、金融会社の方から見ましたら優れたお客様だと言えるのです。最近の消費者金融は客のプライバシー保護を優先してくれるので、お金を借りる際の仕事場への在籍確認に関するコールも、消費者金融からだと知られることがないようにしてくれますので安心です。審査がスムーズで、難しいこともなく貸してもらえる消費者金融をランキング順に掲載しております。

キャッシュが欲しいといった切羽詰まった時に、短時間の内に口座入金されるのは頼もしいものです。カードローンの借り換えをおすすめする理由は、当たり前ですが金利の負担を減らせることです。基本的に一回契約を締結してしまったカードローンの貸付利息は、契約途中ではそうそう下げてくれないはずです。無利息の適用期間中に返済が不可能だったとしても、延滞金的なものはありませんから、キャッシングの申し込みを検討中の方は、もちろん無利息期間を設定しているキャッシングサービスを利用しましょう。自家用車を買うなど、使い道が絞られている目的別ローンは、金利の点で言えばフリーローンを上回る低金利であるということで人気があります。カードローンの金利を比較検討する際は、設定されている「上限金利」と「下限金利」を区別して行なうようにしなければなりません。そのわけは、金利は「キャッシングした金額によって決まる」のが一般的だからです。今度の給料日に借金を丸々返済するなど、30日という期間内にお金を返すと決めている人は、無利息期間のあるカードローンを利用する方が良いということです。銀行のカードローンは、消費者金融系カードローンと比較すると分かる通り低金利であり、さらに総量規制の対象になっていないので、年間収入の3分の1をオーバーするキャッシングも可能なのです。